2010年01月31日

「不思議の負けなし」ノムさん自民に心構え(読売新聞)

 プロ野球選手の再生に手腕を発揮した東北楽天ゴールデンイーグルスの前監督、野村克也氏が24日の自民党大会で政権奪還への心構えを“指導”した。

 「監督業は気付かせ業だ」と、楽天の山崎武司選手や鉄平選手を例に、状況を考えてプレーするよう促したことが近年の活躍に結びついたと強調。「負けに不思議の負けなし。みんな負けて反省するが、勝ってあまり反省しない。そこに皆さんの落とし穴があったのではないか」と指摘すると、会場から笑いが起きた。

 クライマックスシリーズに進出しながら監督退任となったことへのぼやきも交えながら約10分間講演した野村氏は最後に「皆さんは巨人の心境でいたと思うが、上に立てば足を引っ張るやつがいる。捲土(けんど)重来頑張ってください」と激励した。

鳥取連続不審死 運転手殺害容疑でも立件へ 連続殺人に発展か(産経新聞)
両陛下ご宿泊 老舗旅館で不法就労 容疑の社長きょう書類送検(産経新聞)
無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野−千葉県警(時事通信)
17歳里見先勝!三間飛車研究が実った…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
社民党 幹部ポスト3日空席、「党首の調整不足」の批判も(毎日新聞)
posted by コンノ ユウゾウ at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ(医療介護CBニュース)

 英アストラゼネカ社が1月28日に発表した昨年の全世界売り上げは、328億ドル(前年比7%増)となった。このうち日本では23億ドル(7%増)で、塩野義製薬と共同販売している高コレステロール血症治療薬クレストールが成長をけん引したとしている。

 個別品目の昨年の売り上げを見ると、クレストールは全世界で45億ドル(29%増)となり、米国で21億ドル(25%増)、米国以外で24億ドル(33%増)だった。昨年10―12月の販売量について、日本(前年同期比60%増)、西ヨーロッパ(23%増)、カナダ(23%増)、オーストラリア(50%増)での伸びが顕著だったとしている。

 日本で1月13日に発売した気管支喘息治療薬シムビコートに関しては、既に全世界で23億ドル(前年比23%増)に達しており、米国で5億ドル(91%増)、米国以外で18億ドル(13%増)だった。統合失調症治療薬セロクエルも全世界で49億ドル(12%増)と好調だった。


【関連記事】
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
急性冠症候群の治療薬をFDAに申請―アストラゼネカ
新製品効果で医薬品売上高が増加―塩野義
売上高過去最高を更新―ノバルティス

7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
posted by コンノ ユウゾウ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

<平野官房長官>現行案除外せず 名護市長選の結果に(毎日新聞)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、名護市長選の結果を受け「市長が誕生したのは一つの民意だが、検討する上で(選挙結果を)斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はないと思う」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)を移設先とする現行案を除外しない考えを示した。平野氏は政府・与党で移設先を検討する「沖縄基地問題検討委員会」の委員長。

 平野氏は市長選の位置づけについて「辺野古移設だけの住民投票的な民意なのか」と指摘。「今回の選挙結果がすべて、移設問題に大きな影響を及ぼすとは私はとっていない」と述べた。連立を組む社民党や国民新党が現行案を検討対象から除外すべきだとしていることには「委員会として外すという考え方にはまだ立っていない」とし、「ゼロベースで最適な候補地を探す」と強調した。【横田愛】

【関連ニュース】
10年度予算案:国会提出 官房長官「円滑な審議を」
平野官房長官:米大統領の広島訪問の意向を歓迎
普天間移設:鳩山首相5月決着を強調 官房長官は6月以降
衆院予算委:天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」
普天間移設:平野官房長官「5月は政府起案の期限」

篠山紀信さん書類送検へ=公然わいせつ容疑−屋外でヌード写真集撮影・警視庁(時事通信)
<小沢幹事長>虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
資産追及、首相しどろもどろ…参院予算委(読売新聞)
ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)
外相が米国務長官らに書簡=「核廃絶に反する政策求めぬ」(時事通信)
posted by コンノ ユウゾウ at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。