2010年04月22日

摂関時代は寝殿造、初の裏付け 藤原氏の別荘跡(産経新聞)

 京都府宇治市の宇治市街遺跡から、平安時代後期(11世紀中ごろ〜12世紀中ごろ)の回廊跡や池を伴う庭園跡の一部が見つかり、16日、市教委が発表した。藤原氏の別荘とみられ、摂関時代には「寝殿造(しんでんづくり)」だったことが初めて裏付けられた。別荘は巨大な池を挟んで平安京と対峙(たいじ)するように北向きだったことから、当時の上皇などとの権力闘争も背景にうかがわれるという。

 見つかった回廊跡は、幅2.1メートル、長さ8.5メートル。直径30〜40センチの柱穴8つが2つずつ対になって南北に伸びていた。回廊跡の西側には小石敷きの池(深さ0.5メートル)を伴う庭園跡があり、池跡は南北10メートル、東西7メートル分を確認し、さらに広がるという。

 平安京の貴族の邸宅は、寝殿から伸びる2つの回廊の間に、池を伴う庭園を配置する「寝殿造」。今回の回廊跡や庭園跡も同様の配置で、市教委はこの時代に宇治一帯に広大な領地を持っていた藤原氏の別荘と判断した。

 一方、平安京の貴族の邸宅はいずれも南向きであるのに対し、今回見つかった別荘跡は北向きという異例の構造。市教委は、巨椋池(おぐらいけ)や比叡山などが望める景観美を優先したのではないかと推測している。

 京都大学大学院の上原真人教授(歴史考古学)は「藤原一族が別荘地として新たに宇治を都市設計したとみられる貴重な発見。巨椋池の対岸には上皇たちが暮らした鳥羽離宮があり、緊迫関係があったのかもしれない」と話した。

 現地説明会は17日午後1時〜3時。JR奈良線宇治駅から北へ徒歩約2分。

【関連記事】
奈良平城京に日本の源流を見る
奈良・破損した吉野ケ里ガラス管玉の修復完了、返納へ
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
奈良・甘樫丘中腹で塀跡発見、丘の上の蘇我氏邸を示唆?
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡
外国人地方参政権問題に一石

解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
警備員お手柄、東京→横浜尾行=窃盗容疑で手配の男逮捕(時事通信)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
posted by コンノ ユウゾウ at 02:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。