2010年01月30日

昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ(医療介護CBニュース)

 英アストラゼネカ社が1月28日に発表した昨年の全世界売り上げは、328億ドル(前年比7%増)となった。このうち日本では23億ドル(7%増)で、塩野義製薬と共同販売している高コレステロール血症治療薬クレストールが成長をけん引したとしている。

 個別品目の昨年の売り上げを見ると、クレストールは全世界で45億ドル(29%増)となり、米国で21億ドル(25%増)、米国以外で24億ドル(33%増)だった。昨年10―12月の販売量について、日本(前年同期比60%増)、西ヨーロッパ(23%増)、カナダ(23%増)、オーストラリア(50%増)での伸びが顕著だったとしている。

 日本で1月13日に発売した気管支喘息治療薬シムビコートに関しては、既に全世界で23億ドル(前年比23%増)に達しており、米国で5億ドル(91%増)、米国以外で18億ドル(13%増)だった。統合失調症治療薬セロクエルも全世界で49億ドル(12%増)と好調だった。


【関連記事】
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
急性冠症候群の治療薬をFDAに申請―アストラゼネカ
新製品効果で医薬品売上高が増加―塩野義
売上高過去最高を更新―ノバルティス

7兆2千億円規模の経済対策 第2次補正予算案が衆院通過(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視(時事通信)
posted by コンノ ユウゾウ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。